内祝いのためのタオルギフト・ケーキタオルの通販プレーリードッグ

  • twitter
  • facebook
  • instagram


カート

お買い物で、気軽に社会貢献。

世界では紛争や戦争が繰り返されている地域があり、日本国内では2011年に発生した東日本大震災、2016年の熊本地震など度重なる自然災害が発生しています。一企業としてできることは微力ではありますが、人々に喜ばれる商品を作り、その商品で日本の、そして世界の平和へとつながればとの思いで日々、ものづくりに取り組んでいます。

プレーリードッグ公式オンラインストアでは、ご購入金額の2%を支援団体に寄付いたします。支援先は商品ごとにお客様がお選びいただけます。

  • 自分で寄付先が選べる!

     

     

    気に入った商品が見つかったら、リストから支援先を選んでカートに入れるだけ♪また、商品ごとに違う支援先を選択することができます!寄付金額は支援先ごとに、随時更新し公開いたします。

  •  

    ≪主な支援先団体のご紹介≫

  • 『国連WFPへの寄付について』

    国連WFPは、飢餓と貧困をなくすことを使命とする国連唯一の食料支援機関です。 災害や紛争時の緊急支援、栄養状態の改善、学校給食の提供などを活動の柱に、毎年約80カ国で女性や子どもなど 9,000万人に食料支援を行っています。2017年は9,140万人に食料を届け、そのうち1,830万人の子どもたちに学校給食を届けました。

    累計支援金額 564,036

    2020年7月17日現在

  • 『国境なき医師団への寄付について』

    国境なき医師団(Médecins Sans Frontières=MSF)は、 独立・中立・公平な立場で医療・人道援助活動を行う民間・非営利の国際団体です。1971年に設立し、1992年には日本事務局が発足しました。MSFの活動は、緊急性の高い医療ニーズに応えることを目的としています。紛争や自然災害の被害者や、貧困などさまざまな理由で保健医療サービスを受けられない人びとなど、その対象は多岐にわたります。MSFは世界各地に38事務局を設置しています。主な活動地はアフリカ・アジア・中東・中南米で、2018年は70ヵ国以上で活動しました。MSFの活動は、95%が民間からの寄付で成り立っています(2018年)。1人でも多くの方が、私たちとともに行動してくださることを願っています。

    累計支援金額 37,987,790

    2020年7月2日現在

  • 『日本赤十字社への寄付について』

    日本赤十字は「人間のいのちと尊厳、健康を守ること」を目的とし活動している人道支援団体です。140年前にはじまった赤十字運動は、「災害現場でいち早い救援活動」「いのちを守る身近な医療活動」「尊いいのちをつなぐ血液事業」など、ひとりでも多くのいのちを守るため、救う活動を続けています。 2018年現在、これまでに国内災害において9,785回、救護班を派遣してきました。

    累計支援金額 41,427,820

    2020年7月2日現在

  • 『日本障がい者スポーツ協会への寄付金』

    公益財団法人日本障がい者スポーツ協会は、障がい者の自立や社会参加を目的に障がい者スポーツの普及・振興を図る公益財団法人です。障がい者スポーツ大会の開催や選手の強化、国際大会への選手派遣、指導者の養成、普及広報活動、障がいに関する国民への理解促進などの事業を行い、障がい者のスポーツを通した社会参加、そして共生社会が実現されることを願っています。

    累計支援金額 5,934,005

    2020年7月2日現在

  • 『ピースウィンズ・ジャパンへの寄付について』

    認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパンは「必要な人びとに必要な支援を」をモットーに、国内外のさまざまな社会問題の解決に取り組み団体です。2018年現在、アフリカや中東、アジアなど15か国で緊急人道支援や復興・開発支援を実施しています。 国内では東日本大震災や熊本地震の際にもレスキューチームを派遣し、現在でもコミュニティ支援をおこなっています。また、近年ではこれまでの経験やノウハウを生かし、保護権や地域創生など国内における社会問題解決にも取り組んでいます。

     

    『ピースワンコ・ジャパンへの寄付について』

    ピースワンコ・ジャパンは、広島県神石高原町に本部を置く、NPO法人ピースウィンズ・ジャパンが運営するプロジェクトです。人間の身勝手によって生み出される犬・猫の殺処分をなくし、ペットと人間の真の共生を実現することをプロジェクトの目的としています。 2016年4月以降、それまで犬・猫の殺処分数が全国ワーストであった広島県で殺処分対象犬の全頭引取りを開始し、犬の「殺処分ゼロ」を継続しています。また、全国に6カ所の譲渡センターを設け、新しい飼い主と出会える場を提供するほか、災害救助犬やセラピー犬などの訓練を施して保護犬の活躍の場を広げています。

    累計支援金額 2,599,720

    (ピースウィンズ・ジャパン、ピースワンコ・ジャパン合計)

    2020年7月2日現在